teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


福島チェルノブイリ研究会主催公開シンポジウム

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 9月15日(金)18時39分0秒
  「原子力災害とは何か:未来と世界へのメッセージ」

日時 2017年9月30日(土)13時00分~19時30分

場所 東京大学福武ホール(本郷キャンパス、赤門横)
問題提起 家田修「文化としての福島チェルノブイリ災害復興」
前半部 原子力災害をどう受け止めたのか
今中哲二「飯舘村での放射能汚染調査と被曝量評価」
秋元信一「福島におけるワタムシ(アブラムシ科昆虫)に見られる形態異常の年次変化」
福本学「福島原発事故から6年、周辺動物への影響評価と今後の課題」
成元哲「福島のその後、そして今は:福島母子の新しい日常への道のり」
植田今日子「警戒区域内の家畜のふたつの経済合理性」

第二部 原子力災害からの再生へ向けて
谷口武俊「東海村における原子力のトランス・サイエンス問題への取り組み(仮題)」
城下英行「災害と事故:安全はいかに実現できるか」
金山浩司「科学と非科学のあいだ――1940年代の論争を手がかりに」
児矢野マリ「原子力災害のリスクを減らすために:国際法の役割と限界」
太田育子「棄民の系譜からの自由」
高幣秀知「フクシマをめぐる言説と批判理論の配置」
総合討論(18:45~19:30)
入場無料・予約不要
主催者連絡先
メール:ieda@aoni.waseda.jp
 
 

ともに生きる未来を!さようなら原発 さようなら戦争全国集会

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 9月 8日(金)14時56分47秒
  ともに生きる未来を!
さようなら原発 さようなら戦争全国集会

と き:2017年9月18日(月、祝)
ところ:代々木公園B地区

11:00 出店ブース開店(けやき並木)
12:30 開会、さようなら原発ライブ@野外ステージ
出演:松崎ナオさん、趙博さん
    ※ミニステージでは憲法・沖縄・原発のリレートーク
13:30 発言(司会:木内みどりさん)
    鎌田慧さん(ルポライター)落合恵子さん(作家)、澤地久枝さん(作家)
    福島から、玄海原発現地から
    沖縄から:山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)
    総がかり行動から
    うた:趙博(チョウ・パギ)さん
15:00 デモ出発
    渋谷コース:会場→渋谷駅前→明治通り→神宮通公園解散
    原宿コース:会場→原宿駅→外苑前駅→明治公園周辺解散
主 催:「さようなら原発」一千万署名 市民の会
協 力:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
連絡先:さようなら原発1000万人アクション事務局
http://sayonara-nukes.org/
 

望月衣塑子さん(東京新聞記者)に聞く、安倍政権と疑惑の「点と線」

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 9月 8日(金)14時51分18秒
  第107回【みみの会】
望月衣塑子さん(東京新聞記者)に聞く、安倍政権と疑惑の「点と線」
日時:2017年9月21日(木曜日)
時間:午後7時~9時(受付午後6時30分~)
会場:東京しごとセンター5階セミナー室 電話03-5211-2307
    最寄駅=飯田橋駅から徒歩7分(http://www.shigotozaidan.or.jp/
参加費:1000円 ※参加予約の必要はありません
*終了後、懇親会を予定しています。
http://d.hatena.ne.jp/miminokai/20170921
 

原発をおしまいに! 脱原発テントひろば7年目→9.11経産省前へ!

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 9月 5日(火)00時40分4秒
  日時:2017年9月11日(月)18時~20時半(小雨決行)
場所:経産省本館前とその周辺
主催:経産省前テントひろば


 経産省前テントひろばは、昨年8月21日にテント3張が強制撤去された後も、
経産省への抗議行動を継続しています。
この間、経産省本館前で連日午後(12時~18時、休日は12時~16時)に座り込みを続け、
毎週金曜日には同じ場所での抗議行動、
また原発コスト・使用済み核燃料・日米原子力協定などについて
院内ヒアリング集会の開催やテント美術館の移動展示など、
「霞ヶ関の臍」・「峠の茶屋」は多様に脱原発をたたかい続けて、いま7年目を迎えます。


 東電福島第一原発では廃炉への道が見えないまま、事故の被害者は救済されず、
国は東電を法的整理もせずに天井知らずの廃炉費用を託送料金や税金で国民に押し付けています。
いま、原発に多くの国民が反対し、世界では再生エネルギーが急伸してエネルギー政策の見直しが
強く求められているにもかかわらず、経産省は相変わらずの原発推進委員を選んで
原発推進「エネルギー基本計画」の立案を目論んでいます。
 9・11には脱原発・反原発・節電・再生エネルギーを訴える人たちで、経産省・資源エネルギー庁に対して、
「原発をおしまい」にしようと訴えましょう。多くの方々の参加を呼びかけます。

(行動予定)
○経産省への申入書提出
○テーマ1 テント設置から今日まで
○テーマ2 経産省の原発推進政策を糾弾する
○ミニ映像上映
○経産省一周抗議行動
○音楽演奏
○そうめんサービス

(ゲスト発言予定)
木内みどりさん(司会及び詩の朗読)
鎌田慧さん(ルポライター)
落合恵子さん(作家、「クレヨンハウス」主宰)
島田恵さん(映画監督)
内藤光博さん(専修大学 憲法学)
中嶌哲演さん(福井県・小浜市 明通寺住職)
福島から:吉沢正巳さん 黒田節子さん 橋本あきさん
反原発団体から:
柳田真さん(たんぽぽ舎)
山口幸夫さん(原子力資料情報室)
満田夏花さん(eシフト、FOEジャパン)
山崎久隆さん(東電株主代表訴訟 原告)
けしば誠一さん(反原発自治体議員・市民連盟、確認中)
国会議員、テント裁判弁護団、反原発団体から

多くの脱原発・反原発・省エネ・再エネ活用を訴える方々や団体からの参加を呼びかけます。
 

映画「太陽の蓋(ふた)」

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 8月26日(土)10時42分51秒
  東京電力福島第一原発事故発生(2011年3月11日)からの5日間を
描いた映画「太陽の蓋(ふた)」
「はめられた」菅首相(当時)
 私たちはどこまで「事実」を本当に知っていただろうか?
「太陽の蓋」上映会 8月31日:スペースたんぽぽ ご参加下さい
  渡辺マリ(たんぽぽ舎・ボランティア)


○「はめられた」菅首相
  内容は、本作品で! 後に菅直人氏が名誉棄損で安倍晋三氏を訴えた事
 件の発端です。
○平然として原発推進にひた走る電力会社、そして核武装を目指す安倍自公政権
○あの大惨事を忘れないために、そして繰り返さないために。
 あの時、何があったのか?

○鳥越俊太郎さん
「まだ何も終わっていないんです!」福島第一原発で働く青年がラストシー
 ンで叫ぶ。その言葉が胸に重たく響く。原発事故に直面して総理官邸はど
 う動いたのか?
 メディアは? 住民は? 戦後最大の危機を俯瞰する映画だ。

○福島の、そして福島の人達の全てを表している詩集を紹介します
 詩集 「草范々」から1部紹介 (小島力さんの著作)
  草范々(ぼうぼう)
  田畑范々
  村一つ荒れ果てて范々
    (略)
  幾歳月
  牛を牽き 耕運機行き来し
  何千回何万回の足跡を印した
  その道に
  暮らしの汗したたり 地にしみた
  その畦道に
      (略)
  草范々
  何もかも亡々
  悔し涙滂々(ぼうぼう)

 ☆小島さんのお話は10月7日(土)にあります。こちらもどうぞ
 

自民党改憲案を考える超党派の議員と市民の勉強会

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 7月21日(金)23時33分0秒
  安倍総理は秋の臨時国会で、自民党改憲案を衆参の憲法審査会に提出すると明言しています。
憲法9条に新たに第3項を加え、自衛隊を認めるものです。
これがどのような法的効果を持つのかは、冷静に検討する必要があります。
そこで、憲法をめぐってきわめてシャープかつユニークな発言を続けている
木村草太先生(首都大学東京教授)をお招きし、
安倍政権が行おうとしている9条改憲がどのような性質のものになりうるのか、
徹底的に掘り下げ、いっしょに議論したいと思います。

是非ご参加ください。

日 時:7月26日(水)17:00~19:00
場 所:参議院議員会館 101会議室
テーマ:憲法9条と自衛隊の今後
講 師: 木村草太さん(首都大学東京教授)

【資料代500円】
 

プロジェクト猪 第23回総会

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 6月10日(土)17時40分11秒
  プロジェクト猪 総会
  7月1日(土)
  5時~ まんなか屋
  懇親会費5000円


●プロジェクト猪の総会も数えて23回目。
原発再稼動、集団的自衛権、共謀罪、武器と原発輸出…。
北朝鮮危機を煽る安倍晋三は間違っている。
より良い社会とは持続可能の循環型社会のこと。
財政破綻を招くアベノミクスも含め、すべてこれに反するからだ。
森友、加計学園…醜く知性なき政治に決別を!

こんな時代だからこそ、政治を知っている大人が
劣化した社会に発信せねばなるまい。
7月1日5時、まんなか屋に結集されたし。
喧々諤々、全員が今考えていることや、近況など語ろうよ。
〆は正調インターで大団円、明日のためにエネルギーを充電しようじゃないか。
    
 

4月1日の花見中止

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 3月31日(金)13時58分31秒
  天気予報によると土曜日は雨、10度とか。
健康第一、新宿御苑の花見は見送ることになりました。
花見句会は日を改めて考えましょう。
 

原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(略称:原自連)設立の呼びかけ

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 3月27日(月)09時56分32秒
  2011年3月11日の福島原発事故以後、脱原発、自然エネルギー推進の意識は、
国民の間で広く浸透しつつあります。そのことは鹿児島県知事選や新潟県知事選の結果や
多数回に及ぶ世論調査でも脱原発支持者が常に過半数を占めることからも明らかです。

 今、国内の情勢を見ると、各地域で脱原発の運動と自然エネルギー推進の運動が
熱心に展開されています。しかしそれらの相互の連携若しくは連帯があまり有りません。
それではやはり運動として脆弱です。このまま放置しておくとまた脱原発、
自然エネルギー推進の高まりが潮が引くように低調になってしまう恐れがあります。

 それを食い止め、原発ゼロ・自然エネルギー推進の気運を維持、強化していくには
各運動体が全国的に大同団結し、助け合う必要があります。そうしなければ、
政・官・財の主要勢力が戦略的に進める原発復活・自然エネルギー抑圧の動きに対抗することができません。

 そこで私たちは原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟を設立し、国内のすべての原発ゼロ及び
自然エネルギー推進の団体(福島原発事故による損害の回復要求の団体を含む)に
参加を呼び掛けることとしたいと思います。思想・信条を問わず、
原発ゼロ・自然エネルギー推進を志す全ての団体、個人の結集を目指します。

 常設の事務所と常勤の事務局を用意し、息の長い力強い運動を計っていく必要もあります。

 以上のような全国的組織を作るには長い間粘り強く脱原発の戦いを継続してこられた貴団体の参加が不可欠です。
貴団体の参加を心からお願い申し上げます。お返事をお待ちします。3月末日までにお返事をいただけると幸いに存じます。

      原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟

              設立呼びかけ人

  河合 弘之(脱原発弁護団全国連絡会共同代表・映画監督)
     吉原 毅(城南信用金庫相談役)
     鎌田 慧(ルポライター)
     木村 結(東電株主代表訴訟事務局長)
 

講演会のお知らせ

 投稿者:中年散歩隊  投稿日:2017年 3月16日(木)23時31分59秒
  演題 反・脱原発運動と選挙―新潟県知事選挙の経験
講師:佐々木寛さん(新潟国際情報大学教授=政治学)
日時:2017年3月25日(土)18時30分より
会場:専修大学神田校舎 2号館104教室 JR水道橋駅徒歩10分 地下鉄神保町駅徒歩3分
主催:なの花の会(市民グループ)
連絡先:090-9384-9332 米山 創
 

レンタル掲示板
/49